翻訳translation

ジョジョの奇妙な冒険(2) 第1部あらすじ

スポンサーリンク

※ (1) タイトルの上と、画面左下に、メニューがあります。タップすると、そのメニューに入っている記事を見る事ができます。
(2) 画面下の「↑トップ」をタップすると、ページのトップに戻ります。

TV、ドラマなど


ジョジョ第1部の連載が始まった号のようです。

2018.10.17(水)09:50投稿

スポンサーリンク

ジョジョの奇妙な冒険第1部 「ファントムブラッド」

第1部は、ジョースター家とディオの100年以上に及ぶ因縁いんねんの始まりをえがいています。

ジョジョとディオの因縁の始まり

19世紀のイギリス  ダリオ・ブランドーは、崖から落ちて気を失ったジョージ・ジョースター卿から金銭を奪おうとする。そこで気付いたジョースター卿は、彼が自分を介抱してくれたと勘違いし、感謝する。

12年後、ダリオに恩を感じていたジョースター卿は、ダリオの息子のディオ・ブランドーを養子にする。そこから、ジョージの実子ジョナサン・ジョースター(ジョジョ)とディオの奇妙な友情と、因縁の対立が始まる。


ジョースター家の女神像

奇妙な友情

それから7年、ジョジョとディオは表面上は、本当の兄弟のように仲が良い様に見えた。


ジョナサン・ジョースター(ジョジョ)


ディオ・ブランドー

ラグビーの試合でも、絶妙のコンビネーションで、母校を優勝に導いた。

しかし、なぜかジョジョはディオに本当の友情は感じていなかった。ディオもジョジョに友情どころか憎しみさえ覚えていた。

ディオはジョースター家の乗っ取りをたくらんでいた。

ジョースター家での激闘

ディオはジョースター卿を暗殺しようとするが、ジョジョに気付かれてしまう。ジョジョはロバート・E・O・スピードワゴンと協力し、ディオを追い詰める。


ロバート・E・O・スピードワゴン

そこで、ディオは「石仮面」をかぶり、不死身の吸血鬼になってしまう。

ジョジョは屋敷に火を放ち、炎でディオを焼き尽くそうとする。だが、ディオは焼かれても、すぐに細胞が再生してしまう。

ジョジョは屋敷全体に火が回り、火力が最大になるのを待つ。そして戦いながら、自分の青春はディオとの青春だったと回顧し、その青春に決着をつけると決意する。

ジョジョはディオに飛び付き、彼にしがみついたまま炎の中へ落下する。

途中壁を蹴り方向を変えて、ジョースター家の守護神の女神像の上に落下させる。

女神像は先の尖った入れ物を頭上にかかげており、ディオはそれに串刺しになり、炎に焼き尽くされる。

ウインドナイツ・ロットの戦い

ジョジョは仙道の達人ウィル・A・テェペリ男爵から、ディオがまだ生きている事を告げられ、特殊な呼吸法により「波紋」というエネルギーを放つ秘術を教授される。不死身のディオに対抗できる力を身に付けたジョジョは、ディオのひそむ「風の騎士たちの町(ウインドナイツ・ロット)」で、仲間たちとディオに戦いをいどむ。

激しい戦いの末、ディオはジョジョの波紋を受け崖から落ちる。落ちながら、波紋が頭に達する前になんとかしなければと考えたディオは、自ら首を切断する。

ジョジョ、最後の波紋

しばらくして、ジョジョは新妻のエリナ・ジョースター(旧姓ペンドルトン)と新婚旅行の船上にいた。そこへ、首だけになって生き延びたディオが現れる。ここまで自分を追い詰めたジョジョに尊敬の念を抱いたディオは、彼の肉体を奪おうとする。
ジョジョは最後の波紋によって船を爆破し、ディオの首を抱いて一緒に死のうとする。その時、彼に奇妙な友情を感じていた事を伝える。そして、そのまま生き絶える。ジョジョとディオは、船と一緒に海底へと沈んで行く。

エリナは、戦いに巻き込まれ母を亡くした、赤ん坊(第2部のリサリサ)を抱いて、ディオが中に入って船まで運ばせた棺桶かんおけ(?)に入り、爆破から逃れる。そして、ジョジョの子供を生む事になる。

スポンサーリンク

関連記事

下の青い文字をタップして下さい。

ジョジョの奇妙な冒険(1) 概要

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント